学会発表

注:ちょっと更新が滞っています。

2012

2012 American Physical Society March Meeting
2月27日~3月2日、Boston Convention Center、口頭発表、
“First principles analysis of the capacitance density of high-k nanocapacitors utilizing the orbital separation approach”

2011

International Symposium on Surface Science (ISSS-6)
12月11日~15日、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、 ポスター発表、
“First principles analysis of the capacitance density of nano-capacitors employing high-k dielectric thin film”

第37回固体イオニクス討論会
12月7日~9日、白兎会館(鳥取市)、口頭発表、
「金属/酸化物界面近傍の誘電率変調の第一原理計算」

日本金属学会2011年秋期講演大会
11月7日~9日、沖縄コンベンションセンター、ポスター発表、
「金属/酸化物界面における誘電率変調の第一原理計算」

The 14th Asian Workshop on First-Principles Electronic Structure Calculations
10月31日~11月2日、東京大学浅野キャンパス武田ホール、ポスター発表、
“Ab-initio study of the capacitance density of high-k nanocapacitors”

日本物理学会2011年秋季大会
9月21日~24日、富山大学五福キャンパス、口頭発表、
「ナノキャパシタの第一原理計算:軌道分離法によるバイアス印加

日本金属学会関東支部「学生講演発表会」
6月5日、東京工業大学大岡山キャンパス 、口頭発表、
「ナノキャパシタの静電容量の第一原理計算:軌道分離によるバイアス印加」

JSPS Asian Core Program SNU-UT Mini-workshop on Oxides and related Materials in Novel Devices
5月31日、東京大学本郷キャンパス、口頭発表、
“ab-initio investigation of nanocapacitors — orbital separation approach –”

2011 Materials Research Society Spring Meeting
4月25日~29日、Moscone West and San Francisco Marriott, San Francisco, California,
“Theoretical Analysis of the Space Charge Effect at the Metal/Oxide Interface – Fermi Level Alignment Model” (Symposium K, 27日, 口頭発表)
“Orbital Partition Approach for the Self-consistent Calculation of a Charged Nanocapacitor from First Principles” (Symposium YY, 29日、口頭発表)

15th International Workshop on Computational Physics and Materials Science
Jan. 13 – 15, International Centre for Theoretical Physics, Trieste, Italy, ポスター発表
“Total Energy Formalism for Charged Nanocapacitors: Orbital Partition Approach”

物性研・CMSI・次世代ナノ情報 合同研究会 「計算物質科学の課題と展望」
1月5日~7日、東京大学物性研究所、ポスター発表
「バイアス印加ナノキャパシタの第一原理計算:軌道分離によるアプローチ 」

2010

第36回固体イオニクス討論会
11月24日~26日、仙台市情報・産業プラザ、宮城県仙台市、口頭発表
「金属/ジルコニア界面の空間電荷層の理論解析」

The 13th Asian Workshop on First-Principles Electronic Structure Calculations
11月1日~3日、浦項工科大学、韓国浦項市、ポスター発表
“Orbital Partition Approach for the Application of Bias Voltage in Total Energy Density Functional Calculations”

The 6th TU-UT-SNU Student Workshop
10月13日~16日、ソウル国立大学、 韓国ソウル市、口頭発表(best presentation award
“Development of Orbital Partition Method for Consideration of Bias Voltage within Density Functional Calculations and its Application to Nanocapacitors”

第6回固体イオニクスセミナー
9月20日~22日、八王子セミナーハウス、東京都八王子市、ポスター発表
「ジルコニア/異相界面における歪みによるキャリア濃度変調の第一原理解析」

Psi-k Conference 2010
9月12日~16日、Free University of Berlin、ドイツベルリン市、ポスター発表
“First principles analysis of space charge layer formation at metal/zirconia interface”

6th KIAS Electronic Structure Calculations Workshop
6月21日~22日、韓国高等科学院、韓国ソウル市、ポスター発表
“Theoretical analysis of space-charge-layer formation at metal/solid electrolyte interface”

Tsinghua Week at Todai –JSPS Asian CORE Program Workshop on Materials Science and Engineering
5月 14日、東京大学本郷キャンパス、東京都文京区、口頭発表
“First principles investigation of ionic conductivity modulation at zirconia/heterophase interfaces”

日本金属学会2010年春期講演大会
3月28日~30日、筑波大学筑波キャンパス、茨城県つくば市、ポスター発表
「ジルコニア中のイオン伝導の歪み依存性」

第5回固体イオニクスセミナー
3月5日〜7日、モンタナリゾート岩沼、宮城県岩沼市、ポスター・口頭発表(若手特別講演

2009

第35回固体イオニクス討論会
12月7日~9日、グランキューブ大阪、大阪府大阪市、口頭発表
「ニッケル・ジルコニア界面近傍の酸素空孔生成エネルギーの第一原理計算」

The 5th TU-UT-SNU Student Workshop
10月14日~17日、清華大学 、中国北京市、ポスター・口頭発表
“First Principles Investigation of Interface Effects on Oxygen Vacancy Formation and Migration in Zirconia”

10th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures
9月21日~25日、Granada Conference Center、スペイン、グラナダ、口頭発表
“First principles study of vacancy charge states and metal/oxide interfaces in cubic zirconia and their effect on vacancy migration”

ナノ学会第7回大会
5月9日~12日、東京大学浅野キャンパス、東京都文京区、ポスター発表
「ニッケル・ジルコニア界面のイオン伝導におけるヘテロ界面効果の第一原理計算」

ECI Nonstoichiometric Compounds
3月8日~13日、Jeju Grand Hotel、韓国済州島、ポスター発表
“First Principles Simulation of Stoichiometry and Interface/Surface Effects on the Ionic Conductivity of Yttria-Stabilized Zirconia”

2008

The 4th Summer Seminar on Nanoionics
9月12日〜14日、ホテルニュー水戸屋、宮城県秋保町、ポスター発表
“First Principles Simulation of Ionic Conduction in Solid Oxide Material”

日本物理学会2008年秋季大会
9月20日~23日、岩手大学上田キャンパス、ポスター発表
「固体酸化物中のイオン伝導における表面/界面効果の第一原理シミュレーション」

第34回固体イオニクス討論会
12月3日~5日、東京大学生産技術研究所、東京都目黒区、口頭発表
「イットリア安定化ジルコニア中のイオン伝導の第一原理シミュレーション―界面・表面と不定比性の効果―」

コメントは受け付けていません。