Blog

なぜ「コピペ」はダメなのか

昨晩文章書いた後に、fbなど眺めていてもう少し別の視点でも書きたくなったので

まあ、別にそんな難しいことじゃなくて、ひとが頑張って(かは分からないけど)書いた文章をあたかも自分が書いたようにみせかけるのってダメでしょ、ということ。もっというと、著作権の観点から訴えられても文句は言えないということ。これが当たり前と感じないのは、日本の教育のせいかもしれない。ググってたらこんなブログ記事を見つけて、そうだよなと思った(「トルコな生活」http://d.hatena.ne.jp/piedpiper/20050902#p1 より)

英国の大学では、「提出する相手に『自分はこ れだけのことをわかってますよ』とアピールす る」こと以前に、そもそも自分ではないだれか ががんばって考えて作り出したものを「盗む」 行為に相当するからダメということになると、 かなりきびしく教えられる感じなんだよね。

ちなみに、これは論文というよりは学生のレポートに対する議論であって、学位論文はこれよりさらに厳しく判断されるのが当然だ。自分は中学の途中までアメリカで育ったんだけど、「剽窃、ダメ、ゼッタイ」な教育を受けた記憶ははっきり残っている。中国の海賊ソフト問題とかにかこつけて、中国人ひとまとめにして倫理観が槍玉に挙げられることがあるけれど、日本だってある側面では大差ないというのがまざまざと見せつけられて、悲しく思っている。なんというか、最早、バレなければいいとすら思っていなくて、みんなやってるじゃんという実名コメントがまさにそう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

D論のイントロなんて?だと?

小保方氏の博士学位論文について、イントロなんてオリジナリティは必要なの?とか、イントロぐらいコピペで済ませて重要なことに注力すべきとかいう記述がタイムライン上で見かけられたので(なかには修士以上の学位持ちも、、、)、非常に悲しい気持ちになりました。もしかしてこれは自分が思っている以上に一般的な認識なのか、、、?そこで、一応研究者の端くれとして思っていることを書いておこうかと思います。職業研究者としてたかが2年目のペーペーが何を偉そうにと思うかもしれませんが、、、 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

VASPのPDOSの対称性

一時引っかかったのでメモ。VASPはデフォルトで対称性を考慮して計算時間を短縮するのだけれど、部分状態密度(PDOS)を計算させると、対称な原子のPDOSが互いに大きく異なる場合がある。ググってたらこれが見つかった:
http://cms.mpi.univie.ac.at/vasp-forum/forum_viewtopic.php?3.306

対称性を考慮した場合、k点に関する積分がirreducible Brillouin zone内のみで行い、その後電荷や力を対称化するらしい。そして、このとき、PDOSはわざわざ対称化を施さないらしく、結果的に対称な原子のPDOSが全然対称にならない。一番簡単には、対称性を考慮しないオプションで計算すれば良い(ISYM=0)。もちろん数倍遅くなるけど。直す気は無いみたいだなぁ。

カテゴリー: 備忘録, 研究 | コメントは受け付けていません。

MPIを使ったプログラムの入出力

最近MPIを使った並列プログラミングの勉強をしているのだけれど、ファイル出力でつまづいたので備忘録。 続きを読む

カテゴリー: 備忘録 | コメントは受け付けていません。

広島で日本物理学会

原爆ドーム
3月末から4月頭にかけて怒濤の学会シーズンに突入。まずは3/26から3/29まで広島で日本物理学会に参加してきた。 続きを読む

カテゴリー: 写真, 学会 | コメントは受け付けていません。